ボルダリングはフリークライミングの一分野

手と足と最低限の道具を使って登るのがフリークライミング。

 

ボルダリングはロープを使わず飛び降りても大丈夫な高さまでを登る、フリークライミングの中でも一番シンプルなスタイルです。

 

落ちても痛くないから思い切りアグレッシブにクライミング出来るところが楽しくて人気のスポーツなのです☆

 

ルールとマナーを守って安全にお楽しみください♪


クライミングシューズ

ボルダリングには専用の「クライミングシューズ」を使います。これは、非常に小さなホールド(足がかり)に乗るためです。

チョークバッグ

手の滑り止めの粉(炭酸マグネシウム)を入れるバッグです。

腰に巻くタイプと床設置タイプがあります。

 

ボルダーマット

落下時に衝撃をやわらげる為のマット。

外岩では携帯性のある小型の物、ジムでは床一面に設置してあります。



~ ボ ル ダ リ ン グ  Q & A ~

Q: ボルダリングって体力いるんじゃないですか?

A: 初心者の方に大切なのは「バランスと思考」です。 お子さまや女性でも楽しめるのはそれが理由です。

 

Q: といっても腕力いりますよね?

A: 鉄棒にぶら下がることが出来れば全然大丈夫です。 腕力勝負なスポーツではありません。

 

Q: 体重が重くてもできますか?

A: 体重100キロあっても登っている会員サンはいます。 たしかに重そうですが楽しんでます!

 

Q: ルールを知らないのですが?

A: 初めてのご利用時にルールや利用方法について説明いたしますのでご安心ください。

 

Q: 体験で利用できますか?

A: 当GYMでは体験利用はありません。 特定の土曜日(18:30~)に 1時間の初回レッスンあります。

  詳しくは、「1stレッスン」をご覧ください。

 

Q: ボルダリングの魅力とは?

A: 短時間で大きな達成感が得られる、継続することで全身が鍛えられエクササイズ効果が期待できる

  誰かと競うわけではなく自分のペースでレベルアップしていける

  色々な目的 (野獣を目指す・健康増進・リフレッシュ・同僚や友人と楽しむ・趣味仲間を作る .etc)で楽しめます。

 

Q: 子供も登れますか?

A: 小学生以上からご利用できますが、4年生以下は親子利用のみ、5・6年生は保護者の付き添いが必要です。

  幼児・乳児のお子さまは入場可能ですが大変危険ですのでマット上にはぜったい上がらないでください。

 

Q: 高齢でもできるのですか?

A: ご自分の体力にあわせて様々な難易度のコースがありますので問題はありません。

  日本でも後期高齢者クライマーは沢山いますし、皆さんピンピンしてますよ♪ お若いです。

 

 

※ ルールを無視した行為は重大事故をひきおこしかねません。

  本来、ボルダリングはエクストリーム(過激な)スポーツです。ルールを守って皆さん楽しくボルダリングしましょう!