ボルダリングやってるメリット???

最近、あちこちのボルダリング(クライミング)を紹介するサイトでは

「ほら、ボルダリングってこんな効果があるんだよ♪」ってな記事をよく見かけます。

 

当ブログでもよく掲載してます。笑

 

いろいろ書いてあるので興味あるかたは過去のブログをお読みください。

ここでは割愛いたします。

 

今回、私自身がメリットだな~って思うことを理由とあわせて書いていきたいと思います。

まぁ内容は似たり寄ったりですが。苦笑

 

まず列挙してみますと・・・

・遊んでる感覚で身体を鍛えられる

・知り合いが県内外で増える

・生活の中心となり毎日が充実する

大ざっぱですがこの三つが大きいかな、と思います。

 

一つめの「遊んでる感覚で身体を鍛えられる」は文字通り

ボルダリングってホントに「イイ身体」になります。男性も女性も。

筋肉はつくんだけれども無駄についてないっていうか。

男性はボクサー、女性はヨガインストラクターのような、いわゆる細マッチョ系なんですよね。

うん似てると思います。(^^)

それと、プラスアルファとして「身体も見た目も老けない」ことも大きいかと。

私自身もう50代半ばですから、さすがに20代30代と同じようにはならないですが

同年代と比べれば雲泥の差があると思ってます。

ボルダリングでは飛んだり跳ねたりを普通にしますけど、50代の人が普段の生活でやります???

あと攻める気持ちが大事なのでアドレナリン全開で登ることが見た目老けない理由かなと思いますよ。

どうでしょう?

 

二つめ、「知り合いが県内外で増える」は

ボルダリングやってると全国どこのGYMでも一人ででも出来るんです。

当ジムでも他のジムのお客さんが遠征に来られたりします。

わたしは人見知りしないのでどんどん声をかけたり雑談します。笑

昔はよく県外のジムへ遠征も行きましたし、そこで知り合ったクライマーと

他のジムでバッタリとか、岩場で一緒に登るとかよくありました。

常連さんも交えてのセッションは楽しいんですよ♪ほんとに。

ほかにはジムに来るといろんな職業・年代のお客さまが集まっています。

普通には知り合うことは無いだろうという方と一緒になってボルダリングを楽しめるんですよね。

これがまた良いんですよ~。(#^.^#)

たぶん他のアクティビティでも、これが魅力なのがたくさんあるんじゃないですか?

ボルダリングもそれが大きな魅力の一つです。

 

三つめ、「生活の中心となり毎日が充実する」

はい、ド真ん中直球ストライクになります。笑

毎日のスケジュールがジムや岩場へ行くために組まれます。

選ぶ服装もクライマー系のブランドに。

私の年代ですとPranaとかグラミチ、S7(Moon)、ROPEGUNやノースフェイスでしたかね。

アウターでPatagoniaやMAMMUTもありましたが、これらはどちらかというとマウンテン系で

ボルダラー的には少しズレるんです。(個人的見解です)

いまはもっとブランドが増えててすごくオシャレなのが多いですから

ボルダリングを楽しむとともにファッションも楽しんでくださいネ☆

 

と、まぁここまでメリットなるもの?をつらつらと書いてきましたが

じゃあデメリットはないの???ということで考えてみたら続々出てきました。笑

ボルダリングあるある風に列挙してみたいと思います!!

 

・自分が登れない課題を女性や子供がウォームアップがごときにスルスル登るのをみてプライドがズタズタになる

 →男性に多いですが、初心者なのに日ごろ鍛えてるのを過信してくるとズタボロにされます。

  他のスポーツしてると勝敗を競うものが多いですが、あくまで自分自身との闘いです。

・パワーを出し切ると食事ができない、風呂で髪を洗うのもツライ

 →指皮が薄くなり熱いものが触れないのもあるけど茶碗や箸が持てないほどチカラが出ないこともあります。

  翌日の疲労感がハンパなくて色々と支障をきたすことも続発。苦笑

・シューズのサイズが小さすぎてマメができてしまい痛くなることがある

 →最新のシューズはそれほど追い込まなくても良いのが信じられず、昔のように買って苦しむ。

・1週間も休むともう以前のように登れなくなるという強迫観念にとらわれる。

 →なので、どれだけ忙しくても時間を作って行ってしまうんですよね。笑

・太り気味だったのが見事に痩せて周りから逆に心配される。

 →良いことなんですけどね、知り合いにいます。 やっぱり上達するには本気で痩せなきゃと思うんですよね。

・指の関節が太くなったり、日ごろからどこかしこに痛みを抱えている。

 →周りを油断させる演技なこともありますが(笑、身体にかかる負荷が大きい分ケガは多いかも。

  スリ傷・打ち身はザラにあるので跡が残らないようケアは万全に。

・扉を閉めるときや遠いとこのモノを取るときなど、つい足を使ってしまう。

 →クライミングは足使いが重要なんです。笑 トゥフックやヒールフックは普段の生活にも役立ちます。(個人的見解です)

・指紋認証が通らなくなる

 →指皮が薄くなるほど登ると起こるそうです。自分自身は経験なし。

 

あれ???デメリットのほうが多くない???苦笑

でもこれってボルダリングが好きで好きで、ついここまでいっちゃうみたいなもんです。(^^)

ボルダリングの魅力、すこしはわかっていただけたでしょうか。

 

小学生からのお子さまにもゼヒ始めてもらいたいですね♪

集中力がつくなど心身の発達にはかなりプラスですから、KIDSタイムでまずは体験からどうぞ。

お待ちしてマス!!(#^.^#)

0 コメント

Stepでは

当GYMでは、ホールドのブラシがけをお客さまにお願いしています。

しかし他のジムではあまり見かけることはありません、ナゼか。

 

ではなぜ? Stepではブラシがけをお願いするのでしょう???

その理由について今回は書いてみます。

 

まず、ボルダリングは「アウトドア」での遊びの一つです。

アウトドアで遊ぶといえば、ほかにも色々ありますよね♪

 

キャンプしかり、釣りやBBQ、登山もそうですしロードバイクも入るんじゃないかな?

そんなアウトドアで遊ぶ人たち全員が守らなければならないルールが一つあります。

 

それは、「自然で遊ぶ者は、遊んだ痕跡を残さない」こと。

 

ゴミを捨てていくなんてもってのほか、すべて持ち帰るのがルールです。

医王山の夕霧峠へバイクでよく上がっている友人がいるのですが

そこにゴミが捨てられていることが多く、いつも怒りながら自ら回収しています。

 

自然のなかにゴミを捨てていく人ってサイテーですよね。

 

じゃあボルダリングではどうか?

自然の岩場では、ゴミはもちろん岩を登った痕跡を残さないのがルールです。

チョークをつけて登れば、チョークが岩に真っ白にこびりつきますので

終わった後はブラシをかけて出来るだけ除去します。

 ただ全部取り切れず少し白く残ってしまうのですが、雨で流れていくんで大丈夫だと思っています。

申し訳ないとは思うのですが。。。まあ原料も自然に存在するものですし許してください。

 

しかし最近、チョークがべっとり付いたままの岩を見かけます。

そう、終えてからブラシかけてないんですね。

こういう状態では雨が降っても流れず固まっちゃってブラシでは落ちにくくなります。

あとから登る人はタイヘンなんですよ。見た目も汚くてほんとガッカリです。

 

これって日頃からブラシがけの習慣が身についてないからだと思っています。

休日に岩場でボルダリング(クライミング)してる人って、いつもはGYMで登ってることが多いと思うのですが。

その人たちはGYMで課題を登り終えた後ブラシかけてます?

 

かけてる人は良いですが、ブラシがけしてない人には

そんなの教わったことない、という方もいるでしょう。

自身、過去の経験では教わったこと、教えてるとこを見たこともありませんしね。

でも教えられていないから良いというものでしょうか?

それともGYMではブラシがけしないのに外岩ではかけるのでしょうか?

 

Stepでは、このことを憂慮して

ご利用いただくお客さまにはブラシがけをするようお願いすることにしています。

「遊んだ痕跡を残さない」、「次に登る人に迷惑をかけない」

日頃のGYM利用もこれらを意識していただくことで、ボルダリングだけでなくキャンプやBBQなどアウトドア全般

マナーを忘れないんじゃないかな?と思っています。

正直これができない人にはアウトドアで遊んでほしくないですしね。

そんな思いからStepではブラシがけをしてもらっています。

 

セッションなんかで自分が残したチョークが原因で仲間が滑って落ちちゃったりしたら悪いじゃないですか。

だから私は次の人へ、「用意は出来た。ガンバって登ってくれ~」という気持ちでブラシがけします。

これって、クライミング文化として必要なことなんじゃないですかね???

どうですか?(^^)

 

クライマーの皆さんがそういう意識を持って行動していただければ

最近おこっているゴミやマナーの悪さから岩場への立ち入りが禁止されたり

地権者の方から悪い印象を持たれることも無くなると思うんですが。。。

 

ブラシがけの必要性をわかっているけど、登るのに夢中になって忘れることもあるでしょうから

あまり口うるさく言わないようにしてはいますが、目に余ればカミナリ落とします。

ウザいし余計なおせっかいと思われるかもしれませんが

自然を大切に思うクライマーが数多く育ってほしいという思いからだと感じていただけたら幸いです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。(#^^#) ガンバ☆

 

0 コメント

10月からは

消費税率が10%に上がりますが

当GYMのご利用代金は当分現状のまま据え置きます。

しかしながら来年の4月にて料金体系をふくめて検討する予定ではいます。

 

また、10月より会員カードの取り扱いについて以下のようにいたします。

 

・会員カードを忘れての入場はできません。

・忘れた場合、紛失されたときは再発行いたします。

再発行手数料として100円の料金をいただきます。

・再発行した際はカードのスタンプ履歴はすべてクリアされます。

 (後日見つけてお持ちになったときは別カードとして履歴は合算しません)

・汚れたりして使えなくなり再発行した場合は例外として履歴は継続して再発行いたします。

 (カードをご持参されての交換が条件です)

 

これはビジターのみならず、月会員の皆様にも適用いたしますので

カードは大切にお取り扱いくださいネ☆(^^)

 

よろしくお願いいたします。

 

0 コメント

子どもだけはもったいなくない?

最近は朝晩が涼しくなってきていますが、昼間はまだ暑い日が続いてますね。。。

そろそろ涼しくなるのかな?

 

先日、タウン誌で紹介していただいたのもあって

大人の新規サンが増えてきました。

ご家族連れでお越しになったときも、親御さんがお子さまと一緒になってボルダリングを楽しんでいます。

 

お子さまには運動機能の発達に大きく寄与しますのでオススメなのですが

じつは、大人にはもっとオススメしたいと思っています。

 

ナゼかって???

 

大人も子ども時代にかえったように身体を動かして楽しめるのがボルダリングなんですよね♪

そしてそこから得られるメリットって沢山あると思うんです。

 

まずアタマを使ってコースを覚えたり攻略方法を考えなければいけません。

そして登るときはバランスをとって全身の筋力で身体を支える・動かすことが必要です。

ゴール間近の高さでは必死に落ちる恐怖と戦わなければなりません。

落ちればとっさに態勢を整えなければいけません。

 

日ごろの皆さんは、これほど心技体すべてを駆使してますか?

大人になってからの日々の生活では味わえない要素がボルダリングには沢山あるんです。

そしてこれらは現代の大人にこそ必要ではないかな、と思うのです。

 

こんな刺激的なことが近くで、そしてインドアで味わえるのがボルダリングGYMのメリット。(^^)

ボケ防止になるし、身体を鍛えられるし、痩せるし、ストレス解消できるし、仲間も増えるしと一石二鳥以上にもなりますよ~

 

ぜひ日々の生活にボルダリングを加えてくださいネ☆

お待ちしてマス!!(#^.^#)

 

0 コメント

KIDSタイム設けます

お盆期間中たくさんの方々にご利用いただきました。

心よりお礼申し上げます。

まだまだ暑い日が続くと思いますので体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

 

期間中はお子さまも大勢ご来店されて

キッズスクールやご利用方法について数々のお問い合わせやご相談もいただきました。

 

これを受けてスクールのあり方やキッズのGYM利用について、さっそく見直しいたしました。

 

じっさいスクールをやってみて思ったのは

もっと自由に登ってもらいたい、楽しんでもらいたい、でした。

しかし安全面などを考慮すると難しいのですよね。(^_^;)

何か方法は無いかということで、試験的にではありますが、「KIDSタイム」として

お子さまだけが登れる時間を設けてみます。

 

といっても全部の壁を開放すると大人が困ります。笑

部分的に(垂壁のみとか100度のみとか)区切って、子供たちだけが登れるエリアを作ろうというものです。

 

9月から、第一・三 土曜日の午後5時から7時までの二時間

区切られたエリアを小学1~6年生の子供たちのみがご利用できます。

その間、大人はそのエリアで登ることは出来ません。

 

また、ご利用には保護者の方もあわせて注意事項をお読みいただくことが必要です。

そしてルールやマナーを守ってご利用いただくことが前提です。

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

定員は 6名まで。

ご利用に事前予約は必要ありませんが、ご予約されることをおすすめいたします。

 

予約がある場合は予約者を優先させていただきます。

予約で定員に達している場合は予約なしの方はご利用不可となります。

あしからずご了承くださいませ。

 

 

※ お子さまが登っている状況をみて安全面で問題ないとスタッフが判断した場合は

KIDSタイム以外でも、区分けされたエリア以外でも、登れるように会員登録いたします。

まずはGYM利用に慣れていただくことが大切と思い、このような時間を設けさせていただきました。

 

ぜひとも沢山ご利用いただきボルダリングの魅力を知っていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

詳しくは「KIDSタイム」をご覧ください。

 

0 コメント

平日がオススメなのは・・・

いつもStepボルダリングをご利用いただきありがとうございます。(#^.^#)

 

とくに土日祝日はお客さまが多く、お越しの皆さまへの対応が十分でないことがあります。

ホントにすみません。。。

 

ボルダリングは「考える」スポーツですので

なるべくお邪魔しないようにしているのですが、煮詰まってるな~と感じたときなど

余計なお世話にならないくらいにアドバイスさせていただいたりしてます。(^^)

が、週末などはそこまで眼が行き届かなかったりしてます。

 

平日ではそこまで賑わうことは少ないので

課題攻略のポイントや、「この課題教えて~」など

いろいろなリクエストにお応えできると思います。。

 

それに好きな課題に集中できるというのも平日ならでは。

早い上達を目指すのでしたら「平日」がオススメです♪

 

仕事帰りなど疲労がたまってるという方も

リフレッシュにはもってこいなスポーツですからご活用くださればと思います。

課題が登れた日なんて、帰ってシャワー浴びて飲むビールは最高!ですよ。笑

 

身体が慣れないうちは筋肉痛が酷いかもしれませんが

二度、三度とやっていくうちに支障が出るようなことは無くなりますので

どんどんチャレンジしていってくださいネ☆継続することが大事です。

お待ちしてマス!!(*^^)v

 

0 コメント

運動がニガテでも。。。

いわゆる「スポーツ」というものが苦手という大人やお子さまでも

ボルダリングは楽しくて好き!という方は多いです。

 

ナゼでしょう?

 

たぶんですが、ルールが単純で

ほとんどが「個人の自由」だからじゃないでしょうか。(^^)

 

・スタートホールドを両手で持ってスタート

・ゴールホールドを両手で持ってゴール

・使ってよいホールドのみで登る

 

ルールはこの三つだけですもんね。

 

あとは、どんな登り方をしようが

どんなホールドの持ち方をしようが「自由」です。

 

バランスを駆使して登るのもよし、力づくで登るのもOKです。

ただ難易度が高くなるにつれて、色々な要素(バランス・パワー・考察力etc)が必要となっていきますが。

 

そんな「自由」がボルダリングの魅力の一つなんでしょう。

誰かと競うわけでなく、自分自身のレベルアップが目標ですから

自分のやりたいように、自分のペースで自由にボルダリングしてください。

 

そうやって課題に挑戦しているうちに、身体中が引き締まっていきます。

ボルダリングは全身の筋肉をまんべんなく使うので、身体を引き締めるフィットネス効果が非常に高いのです。

 

筋トレのような単調な反復運動が一切ないので楽しく運動をすることができます。

筋トレやランニングなどを1時間と言われると精神的にも辛いでしょう。

それらが続かないのは楽しくなかったからじゃないでしょうか?

 

ボルダリングは登り始めたら1時間なんてあっという間です。

対戦しないので勝ち負けはありません。ゴールの達成感は最高です。

楽しいから続けられるんだと思います。

 

そして運動は続けないと意味がない。

 

運動ってキツイし楽しくないしなぁ~

そんな苦手意識から運動しなくなったという方にこそオススメします。

 

ぜひチャレンジしてくださいネ☆(#^.^#)

 

0 コメント

GYMは「第3の場所」

ネットサーフィンしてましたら、面白い記事を見つけました。

 

平日の仕事終わり…なぜ彼らは「壁」を登るのか。夜ボルダリングに集う人びと

(デイリースポーツ)

 

そう、そんな楽しい場所が小松にもあるんですよ~♪

自宅と職場・学校の往復だけで毎日を過ごすのはもったいないデス☆

 

「サードプレイス」としてリフレッシュに、新しい刺激に、運動不足解消に!!

小松市のボルダリングGYM「StepBOULDERING」をお役立てくださればうれしいです。(#^^#)

 

0 コメント

非日常のススメ

小松の地にボルダリングジムを開業して2年半。

すでに3,000人近くの方にお越しいただき感謝の心でいっぱいです。(^^)

 

私自身、20年ほど前からボルダリングをやってるのですけど

昔は「ボルダリングやってる」と言っても、「はぁ?」ってな感じでしたが、現在はマスコミ等で取り上げられ、東京オリンピック正式種目にもなったおかげで認知度がグーンとUPいたしました。

 

最近の「流行」のような趣きのボルダリングですが

 じつはコレ、長く楽しめるスポーツなんです☆

 

ボルダリングは頭脳と全身を動かして登ります。

なので、いくつになっても若々しい身体でいられます。

50~60代でも男女関係なく。

加齢による体力の低下と衰えを防ぐにはボルダリングも効果あり

そう、有酸素運動だけではダメなんです。

 

とくにボルダリングをオススメ出来るのは

登るときに出る「アドレナリン」というホルモンが代謝を上げ、脂肪燃焼などの効果は絶大ですし

ゴールを取った時に出る「セロトニン」が熟睡を促し、ストレスに強くなります。

 

あ~、だから登れなかったときは寝つきが悪いのですね。笑

 

できれば衰えを感じる前に

とくに30代~40代の男女は、やるかやらないかが 5年後、10年後に大きく差となって出てくると思います。

50代~60代はこれ以上衰えないためにやりましょう!!

 

ボルダリングは生涯スポーツ

 

ボルダリングは若者だけのスポーツではありません。

「壁を登る」という「非日常」を楽しむことで、日常が充実するボルダリングは、全世代の方に楽しんでいただきたいと思っています。

 

一緒にボルダリングしましょう!!(#^.^#)

0 コメント

KIDSクライマーのご利用について

他ジム等に通われてるキッズは

小学生低学年でも「学生」料金にて、お一人でご利用できます。

(小学生は付添人立ち合いが必要です)

 

これは、通常GYM利用をしているということでルールやマナーを守れていると判断しての特例ですので、当GYMにおいて危険な行為やマナー違反におよんだ場合ご利用を中止していただくことがあります。

 

また、この特例は、マイシューズを持っているか、危険性は無いかなど、スタッフが総合的に判断して決定いたしますので、GYMへお越しいただいた際にご説明いただいたり、お電話にて事前にお問い合わせいただけると幸いです。

 

 

☆☆☆KIDSたちへ☆☆☆

 

当GYMでは、滑り止めチョークの取り扱い方において、他のお客さまに迷惑をかけるようなことがあれば直接指導をしています。

とくにKIDSは手汗をかきやすく、滑り止めチョークを沢山手につけて登りたがりますが、ホールドを真っ白にしても知らん顔の人が多いです。

 

「手が汗でベトベトだから」仕方のないことですか?

 

でも登る前に手を洗うとか、扇風機に手を当ててかわかしたりとか

汗を抑えるコンディション作りしてますか?

 

そして、どうしても沢山つけないとダメなのであれば、登った後は次に登る人に迷惑をかけないようブラッシングしてください。親御さんも手伝ってあげてください。

 

それにホールドが真っ白になるほど手にチョークをつけるのは意味ないですよ? そのチョークのせいで滑るから余計に汗が出る。笑

だから2~3手でもう無くなってるでしょ?

 

チョークのつけ方やタイミング、コンディション作りなど

自分にとってベストなチョークアップを見つけて楽しんでくださいネ☆

 

よろしくお願いいたします♪(#^.^#)

 

0 コメント