レッスンとスクール

ご好評をいただいています「1stステップレッスン」

6/15・6/29・7/13・7/20 と開催していきます。 8月はありません。

 

ボルダリングを始めよう!という方にはオススメの内容です。

詳しくは、1stレッスン まで。

ご参加をお待ちしてます♪(#^.^#)

 

 

「KIDSスクール」は、次回の開催は9月から開始いたします。

 

お申込み受付期間は、7/1~7/31です。

定員は6名まで、先着順です。

お申込み方法などの詳細は、KIDSスクール をご覧ください。

 

基礎を学んで早く上達してボルダリングを楽しみましょう!!

 

0 コメント

GYMは「第3の場所」

ネットサーフィンしてましたら、面白い記事を見つけました。

 

平日の仕事終わり…なぜ彼らは「壁」を登るのか。夜ボルダリングに集う人びと

(デイリースポーツ)

 

そう、そんな楽しい場所が小松にもあるんですよ~♪

自宅と職場・学校の往復だけで毎日を過ごすのはもったいないデス☆

 

「サードプレイス」としてリフレッシュに、新しい刺激に、運動不足解消に!!

小松市のボルダリングGYM「StepBOULDERING」をお役立てくださればうれしいです。(#^^#)

 

0 コメント

6月の営業案内

晴れの日が続いてて、どんどん夏に近づいてる感じですね。(^^)

でもその前に、「梅雨」がやってまいります。

 

が、ボルダリングGYMは、そんな季節でも楽しめます☆

リフレッシュもかねてボルダリングを楽しみましょう!!

 

6月は、「1stステップレッスン」を開催いたします。

6/1・15・29の計3回おこないますので、参加ご希望の方はご予約をお願いいたします。

詳しくは、「1stレッスン」のページまで。

 

また、6/17(月)は臨時休業いたします。

よろしくお願いいたします。

 

0 コメント

非日常のススメ

小松の地にボルダリングジムを開業して2年半。

すでに3,000人近くの方にお越しいただき感謝の心でいっぱいです。(^^)

 

私自身、20年ほど前からボルダリングをやってるのですけど

昔は「ボルダリングやってる」と言っても、「はぁ?」ってな感じでしたが、現在はマスコミ等で取り上げられ、東京オリンピック正式種目にもなったおかげで認知度がグーンとUPいたしました。

 

最近の「流行」のような趣きのボルダリングですが

 じつはコレ、長く楽しめるスポーツなんです☆

 

ボルダリングは頭脳と全身を動かして登ります。

なので、いくつになっても若々しい身体でいられます。

50~60代でも男女関係なく。

加齢による体力の低下と衰えを防ぐにはボルダリングも効果あり

そう、有酸素運動だけではダメなんです。

 

とくにボルダリングをオススメ出来るのは

登るときに出る「アドレナリン」というホルモンが代謝を上げ、脂肪燃焼などの効果は絶大ですし

ゴールを取った時に出る「セロトニン」が熟睡を促し、ストレスに強くなります。

 

あ~、だから登れなかったときは寝つきが悪いのですね。笑

 

できれば衰えを感じる前に

とくに30代~40代の男女は、やるかやらないかが 5年後、10年後に大きく差となって出てくると思います。

50代~60代はこれ以上衰えないためにやりましょう!!

 

ボルダリングは生涯スポーツ

 

ボルダリングは若者だけのスポーツではありません。

「壁を登る」という「非日常」を楽しむことで、日常が充実するボルダリングは、全世代の方に楽しんでいただきたいと思っています。

 

一緒にボルダリングしましょう!!(#^.^#)

0 コメント

KIDSクライマーのご利用について

他ジム等に通われてるキッズは

小学生低学年でも「学生」料金にて、お一人でご利用できます。

(小学生は付添人立ち合いが必要です)

 

これは、通常GYM利用をしているということでルールやマナーを守れていると判断しての特例ですので、当GYMにおいて危険な行為やマナー違反におよんだ場合ご利用を中止していただくことがあります。

 

また、この特例は、マイシューズを持っているか、危険性は無いかなど、スタッフが総合的に判断して決定いたしますので、GYMへお越しいただいた際にご説明いただいたり、お電話にて事前にお問い合わせいただけると幸いです。

 

 

☆☆☆KIDSたちへ☆☆☆

 

当GYMでは、滑り止めチョークの取り扱い方において、他のお客さまに迷惑をかけるようなことがあれば直接指導をしています。

とくにKIDSは手汗をかきやすく、滑り止めチョークを沢山手につけて登りたがりますが、ホールドを真っ白にしても知らん顔の人が多いです。

 

「手が汗でベトベトだから」仕方のないことですか?

 

でも登る前に手を洗うとか、扇風機に手を当ててかわかしたりとか

汗を抑えるコンディション作りしてますか?

 

そして、どうしても沢山つけないとダメなのであれば、登った後は次に登る人に迷惑をかけないようブラッシングしてください。親御さんも手伝ってあげてください。

 

それにホールドが真っ白になるほど手にチョークをつけるのは意味ないですよ? そのチョークのせいで滑るから余計に汗が出る。笑

だから2~3手でもう無くなってるでしょ?

 

チョークのつけ方やタイミング、コンディション作りなど

自分にとってベストなチョークアップを見つけて楽しんでくださいネ☆

 

よろしくお願いいたします♪(#^.^#)

 

0 コメント

お一人でもド~ゾ

休日など、時間が空いたときに「運動したいなぁ~」と思うことないですか?

 

でもスポーツクラブ行ってないし、仲間を確保できれば

バドとか卓球、バスケやフットサルなどで楽しめるけど、あいにく集まらなかったとき

さぁ、一人でナニしよう?と頭に浮かびますか???

 

ジョギング?登山?はたまたヨガ?

自転車があればツーリングもありますね。

他には水泳とかボーリングとか。

 

ボルダリングも一人で楽しめるスポーツってご存知でしたか?(^^)

 

もちろん、仲間とワイワイやるのも楽しいのですが

お一人でGYMへお越しになっても十分楽しめるんです!!

 

最初は少し勇気がいるかもしれません、周りは知らない人だらけですから。(・・;)

でもボルダリングの課題(登るルート)について悩んだりした時、ちょっと周辺のお客さまに相談してみてください。

皆さん、すごく親切に相談にのってくれますヨ♪(#^.^#)

ちょっと話しかけにくいな~という方はもちろん!スタッフにどんどん聞いてください☆

 

そうやってるうちにGYM内で仲間が増えてきます。

じっさいGYMに来ている会員サンのほとんどは、お一人で来ています。

 

それでも楽しく登れるのは、GYMに仲間がいるから。

ボルダリングという共通の話題があるから年齢・職業に関係なくコミュニケーションが生まれます。

いやいや、私は一人で課題に向き合いたいので、とボルダリングに打ち込む方も沢山の課題があるので楽しんでいます。

 

インドアなので天候に左右されにくいですし

全身を使っての運動ですからボルダリングは本当にオススメです!(*^^)v

 

ぜひ趣味の一つに加えていただきたいと思っています♪

 

0 コメント

ボルダリングについてのお話

ボルダリングに興味をお持ちになる方が増えてきている昨今

当GYMにも初めてボルダリングをされる方が多くいらっしゃいます。(*^^*)

 

Stepでは、ボルダリングのルールはもちろんのこと

GYMご利用の注意点も含めて必要なことは全部ご説明しています。

 

また当GYMでは小学生のお子さまは、基本的に親子でのご利用となっていますが

年令などによりルールを少し変えたり、より楽しめるようにお子さまの様子を見て対応しています。

 

お子さまにとってボルダリングは、身体能力のみならず

脳発達にも大きく寄与するスポーツです。

また、「課題」というコースに立ち向かい、どうやったら攻略できるのか考え、登りきって成功体験を積み重ねていくことは、ご自身のアイデンティティ確立にも影響いたします。

なのでお子さまにはぜひ趣味にしていただきたいという思いでGYMをしています。

 

これは大人にとっても同じですし、プラス全身を使いますので

運動不足の解消、キレイなボディメイクでいつまでも若々しい体型の維持にもつながります。

大きくなったらまずやらない動きをするので、運動系統の神経が老けません。

子供のころに帰った気分も味わえるかもデス♪笑

 

こんなイイことずくめのようなボルダリングですが

その裏には「危険」が隠れていることも忘れないでください。

 

まず、「登る」のですから当然、失敗すれば落ちます。

体勢をくずせば怪我をする確率は高いですし、下に人がいればもう大惨事です。。。

 

また、初心者向けの課題はバランス良く身体を動かすことでほぼ登れますが

中級、上級と難度が上がるにつれて全身の筋力が要求されるようになります。

登りたい気持ちから頑張りすぎれば指や肩など傷める危険性があります。

 

ボルダリングはもともと、自然の岩場を登ることから始まり

天候やアクセス問題に影響されず、もっと登りたいとクライマーが考えた結果

インドアで、落ちてもクッションを敷くことで安全性を高め

誰もが気軽に登れるようにと変わってきたものです。

 

現在は手軽なイメージのインドアスポーツですが

もともとはエクストリーム(過激)なものであり、ルールや安全意識を守れなければ即、重大事故を引き起こすモノだということは認識していただきたいと思います。

 

しかし、安全意識を持ってやればこんなに楽しいモノはないです!

そしてその安全意識というのは日常生活のうえでも大いに役立つものだと考えます。

 

ちょっと堅苦しい内容になりましたが、ボルダリングについての意識を正しく持っていただければ幸いです。

ゼヒGYMへ登りに来て、ボルダリングの魅力を体感してみてください♪(#^.^#)

 

チャレンジしましょう

今年の冬は厳しい寒さと雪が身体に堪えますね。(;^ω^)

 

でも、この時期こそチャンスなんですよ~♪

 

そう!肉体改造のです☆

 

お腹がタルタルになってませんか?

二の腕がユルユルになってませんか?

背中が貧弱になってませんか?

やたら体重が増えてませんか???

 

男性、女性にかかわらずボルダリングはとても刺激的で、シェイプアップに最適なスポーツなんです!

 

楽しく登っているうちに新しい自分が目覚めてきます☆

ハマっちゃって生活の中心がボルダリングになったって男性、女性が

当GYMにも大勢いらっしゃいます♪

 

「でも腕力が無くて~」ってお悩みのアナタ

最初は腕力なんて必要ありません、ご安心ください。(#^^#)

 

必要なのは、どうやって登るとよいか考えるチカラ。

いろいろな登り方を考えて、ひらめいてやってみる。

それがボルダリングの楽しみの一つです!!

 

ぜひ、体験してみてほしいな~と思います。(^^)

 

毎週土曜日、午後6時半からの「1stステップレッスン」ならば

レンタルシューズ込みで1時間1,000円で体験できますよ♪

また、通常のご利用でもルール説明や登り方のアドバイスを受けられます。

お時間の許す限り楽しんでいってくださいネ☆

 

詳しくは当HP「やってみよう」、または「営業案内・料金」をご覧ください。

お待ちしております♪(*‘ω‘ *)

 

小松は遠いし!!という方、金沢市や野々市市、お隣り福井県や富山県にもボルダリングジムはありますのでゼヒお近くのジムへお越しください☆

 

0 コメント

チョークマナー

Climbing-net「クライミングにおけるチョークの使い方&マナー」

 

上記のサイトに書いてあることはもちろんですが

声を大にしてお伝えしたいことは

「登った後は、つけたチョークを落としましょう」です。

 

登った後、ホールドにべったりチョークをつけたままにするクライマーがいます。

これは例えるなら、スポーツジムにてマシントレーニングしてるとしましょう。

器具を使い終わったあと、そのまま立ち去るのと同じことです。

 

マシンについた  を 拭かずに です。

 

マナー悪いですよね?それと同じなんですよ。

 

当GYMで始められたお客さまは、最初からお伝えしてるので

当然のようにブラッシングされてますが、他で登られてる方はしませんね。

 

現在、ボルダリング愛好者が増えてきたのが原因で

過去に許されてたことが許されなくなってきてるのだと、ぜひ認識していただきたいです。

 

出来るだけチョーク使用を抑える、つけたチョークはブラッシングで落とす。

エアコン設備のあるGYMではとくに使用を控えるようにしていただきたいですね。

空気中にものすごく舞うんですよ、これが。(^_^;)

 

このことは当GYMだけの話ではなく、クライミング界全体のテーマとして

全国の施設で取り組んでいただきたいと思います。

 

 

話は変わりますが

ワールドカップとかの国際大会って、使用チョークは選手任せなのですかね?

ロジン入りとかをバンバン使ってるのかな~(・・;)

現在のIFSCルールでは「可」ですけど、環境問題とかいわれたら「不可」になるのかも。

以前リード競技のビレイしてたとき、上からチョークが凄い舞ってたのを記憶してるけど

もっとスマートなチョーク使用にならないかな?と思ってました。

一般の人から見れば、すごい汚く見えるんじゃないかな~

あぁいうトップランカーから環境改善の提言があるとイイのにな~と思います。(^^)

 

続きを読む

チョーク使用について

いつも当GYMをご利用している会員の皆さまにお願いするのは心苦しいのですが

最近、チョークのご使用がヒドくて問題としておりまして、ご使用の仕方を見直していただきたいのです。

 

といいますのも、ベンチに座ってチョークを着ける際、まわりに撒き散らしたり

液体チョークをこぼしていても気にしない

ホールドに真っ白にこびりついてもブラシがけせず放置状態、備品類に触って真っ白にしたりと、悪く言えば好き放題です。

今まではとくに何も言わず、営業後にブラッシングしたり、店内を水拭きしたりして対処しておりましたが、営業中の店内にチョークの粉が舞ったり、ベットリ真っ白になったホールドを見て、それを嫌がるお客さまも出てきています。

 

お客さま全員に快適なボルダリング環境を提供させていただきたいことから

今後は使用方法を見直していただきたいお客さまには、直接お願いすることにいたします。

 

手汗を気にしてチョークをたっぷり着けたい気持ちはわかりますが

店内環境をよくするためにも節度ある使用をお願いいたします。

 

0 コメント