現在の状況から

7月に入りまして、これからが本格的な「梅雨」の季節です。

湿度が上がるためエアコン&空気清浄機を稼働して営業する日が増えると思います。

エアコンのみではリスクが高いとされていますので

0.1㎛物質を99.97%捕捉するフィルター搭載で75畳対応の大型空気清浄機を設置しています。

これでかなり危険度は下がると思います。

 

これでマスク無でも・・・と行きたいところですが

周辺の状況を鑑みますとまだ無理かな、と。

もうしばらく様子をみて、それから判断していきます。

 

ただ、登攀中に限ってはマスクを外すことを許可していますので

ご自分で状況を判断して対処してください。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

引き続き

・入店時の石鹸での手洗い

・体調不良なら来店自粛

・スマホを触ったりした後などはこまめにアルコール消毒

・対面での雑談や大声の自粛(するならマスク装着や場所を変えてね)

・GYM内の換気(エアコン稼働時は空気清浄機使用)

・同時利用者は15名まで

・周りの人と適切な距離をとる

 

以上を守ってボルダリングを楽しみましょう

すべては周りのボルダリング仲間のために。

 

0 コメント

7月の営業案内

北陸地方は梅雨入りしているにもかかわらず、気持ちの良い日もあり

マスク姿でのボルダリングには助かります。笑

 

しかしそろそろ梅雨らしい天気となりそうで、エアコンが活躍することになると思います。

GYM内では空気清浄機も稼働させていますが、換気も必要ですので通常は密閉するシャッター周りを塞がず

換気がされるように処置したまま夏を過ごすことといたします。

なので例年より暑くなるかもしれません。。。すいません。

 

ただ、予定では7/1よりマスク着用は自己判断にお任せすることにし、マスクを外しての登攀をにしています。

水分補給も合わせて体調管理に十分ご留意なさってボルダリングをお楽しみくださいませ。

 

また、7/1より「冷房協力金」として、1回のご利用ごとに100円を申し受けます。

ご協力をお願いいたします。

 

7/20臨時休業いたします。

東京オリンピックは中止、もとい延期となりましたが、7/23・24の休日は変わらないようで

7/23は木曜なので定休日7/24は15時オープン22時クローズで営業いたします。

お間違え無きよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

0 コメント

これからの季節

~小松市のHPより~

公共スポーツ施設の利用に関して、注意点があげられています。

 

↓ 画像クリックで小松市「市内公共スポーツ施設の利用再開について」が新しいタブで開きます


続きを読む 0 コメント

久々のボルダリングでは

GYMを休業してるあいだ、ずっとボルダリング出来なかった会員さんが

営業を再開してまた来られるようになって、みなさん仰るのは「身体が動かない。。。」

 

そりゃそうです、1ヶ月以上ブランクがあると身体のキレが無くなりますから。

それまでのレベルから一つ二つ落とした難易度の課題をたくさん登って身体をまず慣らしてください、とアドバイスしてます。

そうすれば怪我しにくいですし筋力も早く戻りますから。 頑張ってください☆

 

月会員さんやキッズたちも去年のように戻りつつありますし

初めての方にも再開時からたくさんご来店いただき本当にありがとうございます。

全体的に来店ペースが以前よりゆっくりですが、それで良いと思います。

徐々にすすめていきましょう!

 

ボルダリングで充実した毎日を送れる時が早くきますように。(#^^#)

0 コメント

ご利用にあたっての注意です

当GYMは、6/1より営業を再開いたします。

ですがクラスター発生させないための処置が継続して求められています。

以下に注意していただきたい点を挙げさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

 

1.入室の際は必ず「石鹸で手洗い」の徹底をお願いします。

・30秒を目安に石鹸で手洗いしてください。早く済ませてる方には再度お願いすることもあります。

・いったんGYMから出て再度入室のときも手洗いをお願いします。

・スマホに触れた場合など、休憩スペースに消毒用エタノールを常備してますのでご利用ください。

・タオルは常備していません、各自ご持参ください。

 

2.入室・ご利用中はマスク装着をお願いいたします。

・休憩中、登攀中も外さないこと。

・忘れた方は購入していただきます。(1枚100円) 布マスクOKです。

・ドリンクOK、食事は自販機のある部屋でのみOKですが各自お気をつけください。

 

3.入場定員を15名とさせていただきます。

・混雑を避けるため滞在は2時間を目安とし、長時間はお控えください。

・お互い距離感にお気遣いください。でもマスク同士なので神経質過ぎずに。

・GYM内での長い雑談は周りに不快な思いをさせてるかもです。場所を変えましょう。

 

※ 以上を守っていただけていない場合、退室していただきます。

 

4.その他

・「自分は大丈夫」は誰も信用しません。周りに不安を持たせないことが重要です。

・石川県ではまだ「県外への不要不急の外出」は自粛要請中です。県外GYM・岩場への外出はお控えください。

・上記の注意事項は、状況により緩和していきますが、アナアウンスされるまで順守をお願いします。

 

 

感染対策とはいえ、お客さまには大変ご不便・ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

当GYMにおいても清掃・換気や高性能空気清浄機の導入などGYM内環境の改善につとめておりますが

お客さま、お一人お一人のご協力がないといけないと思っています。

皆さまで気持ちよく登れ、楽しめる環境を作ってまいりましょう!!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

2 コメント

Step Tシャツ

今年も四周年記念で「Tシャツ」作成しました。

 

三周年のときと同じデザインですが、今年のは両面印刷です!笑

今回も多くの会員さまにご購入いただきました。

ほんとうにありがとうございます。

 

もちろんGYMでコレを着て、「Stepメンバーだぞー」アピールはもちろん嬉しいのですが 笑

他のGYMや普段のお出かけの時にもゼヒ着てくださるといいな♪と思ってます。

 

他GYMに行けば、Stepをご存じならば「Stepのお客さんなんですね~」とか

知らなければ「オリジナルですね、どこの???」とか

コミュニケーションの一役を担ってくれるのではないかな、と思います。

途端に居心地よくなること必至ですね。笑

 

いま、「ボルダリング」をご存じな方が大勢いますし

ホールドをデザインに取り入れているので、「ん?コレはなに???」と巷でも興味をもっていただけるかなと思います。

そんなアイテムになってると思いますのでぜひご活用くださいネ☆

 

当GYMにはまだ少し在庫として置いてあります。

Stepで登った記念!!とか、よかったら買ってくださいませ~

在庫がなくなり次第終わりですので、サイズ・カラーのご希望に沿えない場合がありますこと、ご了承ください。

よろしくお願いします。(^^

 

0 コメント

クライマーの心得

今年になってからも、新たに当GYMの会員になり

ボルダリングを楽しんでいる方が増えてきています。

 

とても嬉しく、ありがたいことなのですが

いま一つ、そもそもクライマーの心得とは何ぞや?という観点をここで書かせていただき

単なる愛好者というより、真のクライマーとしての意識を持ってもらえたらな、と思います。

 

と、書くほど私はカンペキに自覚できてるとは思っていないのですが。苦笑

ただ、諸先輩方からお教えいただいた事柄を、後輩たちに伝えていかなくては、という気持ちで

これまで聞いたことを書かせていただこうということなのでご勘弁ください。

 

それは何か、というと

「自分のすることはすべて自分が責任をもつ」

つまり「自己責任」、これが確立してないとクライミングは成立しません。

 

たとえば、クライミング中に事故があったとしましょう。

いろいろな原因が考えられますよね?

 

・ロープが切れた

・カラビナが壊れた

・ハーケン(ピトン)が抜けた

・岩が欠けた

・落石に遭った

・足を滑らせた

まだまだ有りますがこの辺で。笑

 

この様々な原因の主因は、「自分自身」にあるということ。

一般的に考えれば・・・

・ロープが切れた⇒切れるロープが悪い、切れないロープにしろ

・カラビナが壊れた⇒壊れるカラビナが悪い、壊れないカラビナを作れ

・etc

って訴えて損害賠償モノになりません?

でもこれが成立すると誰も登山用具を作らなくなり

クライミングが出来なくなりますよね。汗

 

もちろん用具に関してはUIAAなど厳しい基準でもって品質評価をしていますので

それを信じてクライマーは使っているのですが

それでも使い方によっては思わぬ事故をひきおこす危険性はあります。

保管のしかたや使用履歴、危険な使い方などで品質保持がなされていないこともあります。

そこまでメーカーは責任を負えませんし、負うことは無いです。

 

あくまで、そういう使い方をしたのが原因だということなんですから

「自己責任」が前提となるのです。

自分の命を守るために必要な考え方だということを認識してください。

 

・ロープが切れた、のは

ロープの保存方法・期間・使用履歴が原因かもしれない。

または現場での使用方法に問題があったのかもしれない。

そういうロープを使った、あるいは使い方をしたクライマーに責がある、ということです。

 

クライマーとしては以下のように考えなくてはいけません。

・このロープは大丈夫か?命を預けられるか?

・こんな使い方で切れはしないか?切れないようにするにはどうすれば良いのか?

これに対しての最適解を判断しなくてはならないのです。

 

つまり、自分の命を守るのは

周りではなくて自分自身の判断であるということです。

周りのせいにしてはいけません。

 

クライミングは一つのミスが命にかかわります。

あまり高くないところを登る、手軽さで人気のボルダリングでも

一つ判断をミスれば怪我あるいは命にかかわる事故もおきます。

 

これは脅しではなく、「事実」です。

これは他のスポーツでも同じですよね。

 

サッカーは顔を蹴られたり頭同士の衝突がありますし

野球でもバットやボールが頭や目に当たれば危険です。

バスケだって指や肘が目に当たるなんてことだってあるでしょう?

スポーツで危険でないモノなんて無いと思うんです。

 

大事なのは「リスク回避を判断する」ことなのではないでしょうか。

 

ボルダリングで課題を登ってる最中に

・小さい足ホールドに立ったら滑って落ちて怪我するかもしれない

・次のホールドに飛びついて失敗したら壁に衝突するかもしれない

・今の体勢で手を滑らせたら落ちた時の衝撃で怪我するかもしれない

じゃあどーする??? このままいく??? ヤメとく???

って判断しなきゃいけないのです。

 

そこでもしケガしたとしても、そう判断した「自分」が原因。

誰のせいでもありません。

リスクを意識して行動する。

それがクライマーには求められます。

 

リスクは「ゼロ」にはなりません。

でも出来るだけゼロに近づけるよう努力することが必要です。

 

この考え方は普段の生活にも大いに役立ちます。

 

新型コロナウイルスが騒がれている昨今

GYMを営業するのか否か、リスクを判断するにはまず的確な情報収集が必須です。

 

・幸い石川県では感染者数が少ないことと感染経路が明確なこと

・発症しても風邪程度でおさまる人が大多数(約80%)であること

(重症化するのは高齢者・基礎疾患をお持ちの方がほとんど)

・発症(発熱など)するまで他人に感染させる恐れは少ないこと

(まだ全容が解明されていませんが)

・手洗いは高い予防効果があること

・GYM内は自然換気しているので空気が常に入れ替わっていること

(クラスターが起きにくい)

 

以上を考慮して、入店時の手洗いの徹底をおこない

発熱など体調のすぐれない方には来店を控えていただくことで

リスクを回避して営業をおこなえると判断いたしました。

 

この情報をもとに、当GYMへ来店されるか否かは

ご自身の判断でおこなってくださればと思います。

クライマーらしく。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

長文・拙文にもかかわらず最後までお読みいただきありがとうございました。

0 コメント

手洗いしてね

0 コメント

ケガしたら

すぐにスタッフまでお知らせください。

 

手や指だけでなく

腕や足をケガされた場合も適切な処置をお願いいたします。

マットやホールドに血が付着する可能性があります。

 

また、打撲や捻挫も初期の処置が大事です。

アイシング等の用具をお貸しできますのでお気軽に声をおかけください。

 

ま、ケガしないように気をつけてネ♪

0 コメント

始める理由は人それぞれ

2019年も残り1ヶ月を切りました。

Stepボルダリングは開業してもう少しで4年を迎えますが

開業したころから継続している方はもちろん

今年からボルダリングを始めて、当GYMに通いだした方も大勢いらっしゃいます。

 

しかし始める理由はいろいろなんですよね。(^^)

・運動不足を解消したい

・岩登りをやってみたかった

・ちょっと興味があっただけ

・ヒマつぶしに良いかなと

・なんとなく(まわりに流されて)

ホント、様々です。

 

でも理由は何であれ、ずっとボルダリングを続けてきたお客さまは

以前より変わってきてる自分自身を感じていらっしゃるハズです。

 

全身に程よく筋肉がついて動きが軽やかに感じることもあると思います。

それと、なんといっても気持ちが前向きというか、アクティブになるのではないですか?

毎回毎回、新しい課題にチャレンジして制覇して、またチャレンジして、の連続ですもんね。

GYMでは人前でフツーに失敗しますし、それが失敗を恐れない前向きな姿勢となってくるのだと思います。

 

私自身、先生役なのにKIDSたちの前でもバンバン落ちますし。笑

失敗するのが当たり前なボルダリングは恥ずかしがることなんて要らないんです。

 

登れない、と諦めるのはチャレンジを止めること。

いつか登ってやる、という精神をいつまでも持ち続けて欲しいですね。(#^^#)

それこそ若さを保ち続ける秘訣なのかもデス☆楽しいですしね♪

ボルダリングの魅力はまだまだ他にもありますし、理由は何であれボルダリングを続けていきましょう!!

 

0 コメント